2007年01月31日

教育再生会議といじめについて──『指導者とは』

完全復活、ではありませんが、登場します。
いろいろな方から、電話やメールや直に声をかけて頂き、ブログを楽しみにされておられる方が多いことに驚いております。 
そのような皆さまの応援の声に押され、
“少しだけ”書かせて頂こうと出てまいりました。

さて、『教育再生会議といじめについて』であります。
このテーマを掲げたものの、あまりにも書くことが多すぎ、
おそらく膨大な長文になるでしょう。
そもそもが『子供の教育問題といじめ』という大テーマこそ、誠真会館を創立した目的である訳で、長くなるのは必然であります。

というわけで、これからは、毎回、小出しに分けて、
時には全く異なるテーマも織り交ぜながら、長いスパンで『教育再生会議といじめについて』の大テーマに向き合っていきたいと思います。

そこて、今回のサブタイトルを、
『指導者とは』
に、させていただきました。

先ずは、
教育再生会議の提言項目の中から、
小生が納得した三項目を挙げたいと思います。

一、塾に頼らなくても学力がつくようにする。
二、教育格差を絶対に生じさせない。
三、優れた民間人を校長などの管理職に登用する。

以上の三つは確かに納得がいきます。
但し、天邪鬼な小生ですから、以下のような意見を付け加えたくなるのをお許し下さい。

一と二、ですが、本当にその通りにやって欲しい!
しかし、その前に、日本経済を立て直さないと、この問題は解決不可能です。
もちろん、国家の指導者・アベさんは、経済と教育は車の両輪として推し進められるのでしょうが・・・出来るかな、不安だなぁ。

三、は大賛成です。
子供の教育には、確かな指導者が必要なのです。
民間の各業界には、その道に精通した、人として優秀な方々が沢山おられます。
一芸は道に通じる、の諺があるように、その道で極められた方々は、子供たちの教育者として足りうる技術と教養と道徳観を充分に兼ね備えられておられます。
市井の中には、数多くの人材が沢山おられる筈です。

ある偉人曰く、
「無名の人のなかにこそ偉大な人物がおり、信頼できる勇者がいる」・・・と!
アベさん、是非とも実現して下さい。

但し、再生会議のメンバーの中に、
居酒屋チェーン店を東証一部上場企業までに成長させ、学校経営まで乗り出したW氏が入っているのが気になります。
W氏は、すでに明治時代から続く名門校○○館を再興すべく理事長として辣腕をふるっておられますが、
まさか、
ご本人自らが、“一芸は道に通じる” 者と、自薦で登用されるようなことはありませんよね、アベさん?

今回の教育再生会議のメンバーの中には、企業の社長が多いのが特徴ですが、
「教育界への市場原理導入も目的の一つ」というアベさんの思惑からすれば当然でしょうが、
こぞって、メンバーの方々が、政府主導の重要職に登用されるということがないように祈ります。

さて、提言の中には、
授業の時間数を1割増加させる、
という項目もありました。

これが、ゆとり教育の見直しの答えですか?

申し訳ないが、学者や文化人から実業家まで、あれだけのメンバーが揃っていながら、「授業時間数の増加」・・・ですか?

これだけでなく、
その他の提言にも、反論をしたいのですが、
以前に書いた『空手・いじめ・この国のかたち』と重複するものが多々ありますので、ここではやめておきます。

先日も書きましたが、
ゆとり教育とは、窮屈ではない、ということです。
国家が、上から「こうしろ」と押し付ける内容では、教育再生には結びつかないと思います。
今、悲鳴をあげているのは、教育の現場、です。
国家の指導者が、下に目を向けずして、上意下達の改善を図ろうとしても、良い方向に行く筈がありません。

小生、空手においても同様の考えでおります。
ややもすると、指導者の言葉に「押忍」「押忍」と接していると、あたかも、指導者の方が人間として上で、習っている自分のほうが人間として下のような感覚に陥ってしまう。

これは、絶対に間違いです!
小生は、上意下達を行う組織や人物を見ると、徹底的に嫌悪してしまいます。

再び、ある偉人曰く、
その偉人は、門下生に対して、
「教えることはできません。共に講究していきましょう」
と言っています。
その偉人は、国家でも組織でも、人の上に立つ者は、常に謙虚でなければならない、と言っているのです。

アベさん・・・、
国も、同じだと思いますよ。
上から、物を言っている段階では、何事も成されることなく終わってしまいますよ。
政治家や公務員は、公僕なのです。
その分でけ、あなた方は民間人に比べると、充分に保障されている筈です。
あなた方の存在は、国民のためのみにあるべきなのです。
そういう気持ちになって働くことが、「美しい国づくり」の“原点”ではないのでしょうか。

最後に、三たび、ある偉人曰く、
「政府を相手にしたのが一生の誤りであった。今後は必ず民間の人々と案を練って、もう一度、やりなおしてみよう」
と、これは門下生にあてた言葉です。

この半年後、その偉人は処刑されました。

しかし、
その門下生たちの手により、
偉人の“理想とする国づくり”は、
見事なまでに、成就されていったのであります。

その偉人とは、
小生が尊敬してやまない、
明治維新の大指導者・吉田松陰、その人です。

吉田松陰という人こそ、
武士として、人間として、
美しく、強い、生き方を、全うした人物はいません。

教育界に市場原理導入、思惑は、判りますが・・・。

小生、美しい国づくり、というものは、
先利後義、ではないと思っています。
先に国益を考え、あとから民衆のことを考えよう、
では、美しくなどなりません。

先義後利、です。
先に民衆のことを考え、のちに国益を考えることが、
美しい国づくりに結びついていくのではないでしょうか。

国でも、
会社でも、
組織でも、
下に対して、手厚く、あることが、
繁栄に結びつく、と小生は信じきっております。
そのことは、すでに、
歴史が物語っている、ことでもあります。




あッ、もうこんな時間だ。
やっぱり、ナガク、シツコクなりました。
これでは、完全復活、ですね。

次回も、小出しにテーマを分け、
『教育再生会議といじめについて』に、
向き合っていきたいと思います。

今、書こうと思っているタイトルは、
『武道精神と学校教育』です。
堅苦しそうですが、面白おかしく書く予定ですので、
どうか、
皆さま、また覗いてやって下さい。

感謝を込めて、押忍!



posted by 井上誠吾 at 11:08| 日記