2009年10月27日

俳優・伊勢谷友介さんも叱咤激励された、という本

以前、紹介した亀石征一郎先輩の本、
「シャバを生き抜く悪行力」
の予約を数多く頂き、ありがとうございます。

予約を頂いた皆様の名簿を手に、11月3日に亀石先輩と会い、サインをして貰い、すぐさまお届けするつもりでおります。

実はこの本、小生だけではなく、
近年、成長著しい注目の俳優・伊勢谷友介さん(最近ではNHKの「白洲次郎」の主役を務めた)も、彼のブログの中で推薦をしていました。
以下、彼が亀石先輩の本から引用した部分を紹介します。

「世の中のお父さん、子供を野山に解き放ってあげてください。
(中略)。
部屋でやっているゲームは人の想像の範囲内ですが、自然は無限の世界を見せてくれるはずです。(中略)。
危険も経験させてあげてください。高いところに登る、落ちる。怪我をする。そうする事で、経験を与えてあげてください。
危険を知る臆病な人間は、強いんです。
危険を知らない人間は、無能になります。
子供は皆天才です。大人の常識を押し付けず、彼らの心の声を感じてあげて下さい」
と、ここまでは亀石先輩の本から引用した文章で、
以下は彼の言葉で繋げ、、
「ある人が言いました。子供の声はポエムだと。(中略)
さて、『子供の声はポエム』と言った人は、私の父であるとも言ってくださった亀石征一郎さんです!(中略)
こうやって「亀石太夏匡」が出来上がったのが、理解できるでしょう!
是非読んでみてください!」

以上、亀石先輩を父のように慕っている伊勢谷さんの2009年9月21日のブログから抜粋させて頂きました。
亀石先輩から聞いたところよると、
このブログは、伊勢谷さんと亀石先輩の三男・亀石太夏匡(タカマサ)くんが一緒に管理しているブログのようです。

小生が太夏匡くんと知り合ったのは、20数年前。
彼も含め、彼の二人の兄、長男・剣一郎くん、次男・将也くんも、まだ中学生・高校生の頃、亀石親父殿から三兄弟を紹介され、知り合いました。
その後、亀石家の三兄弟は、まるで「三本の矢」の逸話のように協力しあい、ファッションブランド・パイドパイパーを立ち上げ、「亀石三兄弟」として若者の間でカリスマ的存在になり、芸能界にも多くのファンがおり、今尚、活動し続けています。

さらに太夏匡くんは、伊勢谷さんと映画製作も手がけ、
女優・菅井きん母堂が世界最高齢主演女優として、ギネスに認定された「ぼくのおばぁちゃん」ではプロデュース&脚本を担当しました。
招待券を頂戴し、「ぼくのおばぁちゃん」を観させて頂きましたが、彼の持つやさしさに溢れた、ほのぼのとした作品に仕上がっていました。

伊勢谷さんがブログに書いているように、
「こうやって『亀石太夏匡』が出来上がったのが、理解できるでしょう!」
に同感であります。

兄弟三人を知っている小生としては、
「こうやって『亀石三兄弟』が出来上がったのが、理解できるでしょう!」
彼の文章を「三兄弟」と脚色したいくらいに、亀石征一郎流の子育て論が散らばっています。

亀石征一郎 著 「シャバを生き抜く悪行力」1200円
きっと、あなたも、伊勢谷友介さんが叱咤激励されたように、何かを得られる筈です。
まだ予約されておらず、読んでみたい方は、亀石先輩にサインをして貰い、お届け致します。
11月3日の午前中まで、受け付けますので、ご連絡下さい。
                  090-6512-6266 井上


posted by 井上誠吾 at 14:26| 日記