2010年01月01日

強く優しく、明るく!

新年あけまして、おめでとうございます!

正月早々、明るく行きたいところですが、
いまだ先の見えない大不況と殺伐たる世相を見る限り、
手離しに喜べない状況であります。

40年ほど前、
「右を見ても左を見ても、今の世の中、真っ暗闇じゃあござんせんか」
と前セリフを述べたあと、
「♪筋の通らぬことばかり」
と歌ったヒット曲がありました。

あれから、40年。
世の中は浮き沈みを繰り返し、今まさに、右を見ても左を見ても真っ暗闇で、筋の通らぬことばかり、でございます。
しかし、夜明け前の闇は深い、といいます。
朝は必ずくる、と信じて、明るくいきたいものです。

人間というもの、
生きている限り、苦悩はつきものです。

人間は、悩み、苦しむ生き物だからこそ、
釈迦やキリストはもちろん、
天才と呼ばれた多くの偉大な先覚者たちも然り、
その苦悩と向き合い、どう生きていったらよいかの道標を
迷える後世の我々に伝え残してきました。

武道も然りです。
誠真会館の理念とする、
「仁・義・礼・忠・孝・勇・信」
もまた、偉大な先覚者たちの教えを踏襲し、咀嚼し、
誠真会館の精神的支柱として、解釈したものです。

仁とは、人へのおもいやり、
義とは、人へのすじ道、
礼とは、人への敬い、
忠とは、人へのまごころ、
孝とは、人への善行、
勇とは、挫けないこころ、
信とは、欺かない生きかた、

これらの精神的支柱を根本に、
真摯に自分と向き合い、
そして、闘えば、
真っ暗闇で筋の通らぬ世の中でも、
強く優しく、生きていける!
そう確信しております。

誠真会館の道場生の皆さん方には、
この精神的支柱を、空手のみではなく、
是非とも、日常生活の中に活かしていただき、
逞しく、頼もしく、勇ましく、闘い抜いて貰いたい、と切に願っております。

強く優しく、
そして、明るく!
本年もまた、よろしくお願い申し上げます!

押忍!


posted by 井上誠吾 at 14:08| 日記