2007年03月14日

自分を信じる


人は誤解する動物です。
たから、面白いのかも知れない。
あんなにいい人だったのに、こうだった、とか。
あんなに素敵だったのに、こうなってしまったとか。

それは、もしかしたら、
見る側の人間の主観であり、
本当の姿などは、何も見てはいないのかも知れません。

等身大のあるがままの自分を、正しく見て欲しい、

いや、
違うような気がする。

等身大のあるがままの自分を、信じて生きていく。

この方がしっくりきます。
うん、これでいいんですね。
自分が自分を信じてやらないで、誰が信じてくれるんだ!

だからこそ、
自分に嘘をつかないよう、
自分に負けないよう、
生きていかなければいけないんだ。

武道は、
小生に、そんなことも教えてくれます。

                  了




短いほうがよい、
という方がおられまして、
ご希望通り、短くしてみました。


posted by 井上誠吾 at 09:18| 日記