2010年05月25日

元気を貰いました!

先週の土曜日、西荻窪駅前で恒例の「ハロー西荻祭り」の演武が終わりました。

演武が終わった後、70年配のご婦人から、
「最近の子供たちを見ていると、これで大丈夫なのかと思うことが良くあるのですが、空手をしている子供たちを見て、安心しました。そして、私自身が皆さんから元気を貰いました」
と、感動されていました。

ご婦人が仰る、
「これで大丈夫なのか」
の言葉には、いろいろな意味が含まれていると思います。
挨拶ができないとか、態度がだらしないとか、自分勝手とか、覇気がないとか、夢がないとか、ゲームばかりとか、勉強のみとか・・・様々な意味が込められていると感じました。

つまり、演武を披露した子供たちには、
そのような負のイメージがなく、“明るくて元気で礼儀正しい”とご婦人に感じ取って頂けた、と推察します。

しかし、
今回の演武はけっして良い仕上がりではありませんでした。
演武のための稽古時間が圧倒的に少なかったのです。
つい一週間前が誠真カップの試合だった事から、祭りの稽古はまったくして来ませんでした。

型で、“時間差で技”を披露する場面では、
自分の番ではないのに、先に技を出してしまう子供が何人もいました。
一人だけ間違えば、
「あ、あの子間違えたな」
と、観客も思うことでしょうが、
数人が間違えば、“時間差で技”もへったくれもなくバラバラで、「お〜お、よぉ見事なまでに間違ってくれとる」
と、小生は半ば感心してしまうくらいでした。

しかし、それでも、ご婦人のように、
「元気を貰いました」
と、言葉を掛けてきていただけたのですから、
次回からは、稽古に時間を割き、一人でも二人でも多くの人々に“明るくて元気で礼儀正しい姿”を披露したいと思っております。

実は、前日、試割りの板をチェックした際、
業者が何を勘違いしたのか、すべて大人用の分厚い板だったのであります。
もう、あなた・・・あ然・呆然・愕然です!

え? それは、あんたの発注ミスだろう、ですって?
そうなんです、私の発注ミスです。
てね、もしも〜し、ミスってませんよ。
一人ボケツッコミしてる場合じゃない。ナガクなるので次へ!

急遽、10枚だけ薄く削って作り直して、本番に間に合わせ、
「10枚だけが少年用です。10枚がなくなったところから、大人用の板割りに挑戦して貰います!」
と、マイクで説明すると妙に観客も盛り上がってきました。
そりゃそうですよ、小学生の低学年では大人用の板は割れません!
少年用の板だって割れるものではありません。

ん?・・・割ってる。
1年生たちが・・・少年用の板を手刀でパンパンと割ってる。
そして、早くも2年生の番が来て、大人用の板を割ろうとしている!
どうする?
ままよ、失敗したら手痛いぞ、と思いつつ挑戦させたら、
パン! 2年生が、いとも簡単に大人用の板を割ってしまいました。
それを見た上級生たちも勢いづいて、大人用板を手刀で割り続け、最後は、6年の男子に正拳で割らせて、拍手喝采!

いやぁ、盛り上げてくれました!
小生が発注ミスしたことが、功を奏して、大成功!
てね、もしも〜し、ミスってませんから。

一人ボケ・ツッコミでナガク・シツコクなったところで──、
70年配のご婦人を感動させた少年部たちに!
そして、
演武に協力して頂いた一般部と保護者の皆さんに!
感謝の押忍!


posted by 井上誠吾 at 08:44| 日記