2010年06月20日

ある神童のその後

「子供の頃、神童と呼ばれていたのになぁ」   
三十年ほど前、小生の友人がそう呟きました。
2才年下の彼は、小生のことを兄貴のように慕っていました。

彼の子供の頃は、成績もよく、スポーツもでき、天才的な少年だったようです。
しかし、大人になると、様々な現実にぶつかり、いつしか平凡な人間に陥り、そして、仕事に行き詰まり、現状を嘆くようになりました。

小生は、神童とは無縁でしたが、
彼の置かれていた立場だけは理解しているつもりでした。
そして、
「人間万事塞翁が馬」
「禍福は糾える縄の如し」
等の諺をひいて、
「生きている限り、良いこともあれば悪いこともあるし、
逆境の中にこそ好機がある」
と励ましました。

しかし、彼は、その後──、
坂道を転げ落ちるように堕落していきました。
警察の厄介にもなり、小生は何度か面会に行き、叱咤激励しました。
そして、一度は、更生を誓ったのですが・・・、
すぐに酒に溺れ、体をぼろぼろにして、東京を離れ・・・やがて、彼の親から、若くして死んだ、との報せが届きました。

誰もが、
厳しい現実と闘って生きていかなければなりません!

彼は、自分との闘いに敗れたのです。
小生は、そう思っています。

なぁ、そうだろう?
あの世から、このブログを見ているんじゃないのか?
もう少し、弱い自分と向き合い、懸命に闘えばよかった!
そう思っているんじゃないのか?

小生・・・三十年ほど経った今でも、
時々、ふと、彼のことを思い出すことがあります。
死者に鞭打ちたくはありませんが、
生まれたからには、最後まで、自分の可能性を信じて、生き抜いてほしかった!
思い出すたびに、そう思います。

彼のように神童と呼ばれることなく、
子供の頃は鈍才と呼ばれた歴史上の人物は数多くいます。
代表的なところでは、
「泣き虫、夜ばぁたれ」と呼ばれた坂本龍馬。
「劣等性で問題児」扱いされた発明王のエジソン。

坂本龍馬もエジソンも、
自分の可能性を信じていなかったら、鈍才で終わっていたことでしょう。

すべての子供に可能性はある!

少年部たちの限りない可能性を信じ、
そして、その秘めた力を導き出すべく、
指導に全力を尽くしたいと思っています。
押忍!

posted by 井上誠吾 at 00:02| 日記