2010年08月26日

九州本部発 ⇒ 誠真会館の歌

誠真会館の歌が誕生しました!

作詞は、九州本部の桑岡隆太先生。
作曲は、桑岡先生の知人の作曲家・田上陽一さん。

今年の春頃、
「誠真会館九州本部の歌、を作りたいのですが」
と、坂谷彦山先生から連絡があり、二つ返事で了解をしておりましたが、
7月に九州本部の、祭り&審査、で訪問した際、懇親会の席上、その「誠真会館九州本部の歌」が流れてきました。

どうやら、桑岡先生は、小生の訪問に間に合わせるように曲作りを進めておられたようで、大いに感激いたしました!

聞けば──、
坂谷彦山先生が小生のブログや誠真会館の道場理念から、こういう詩の内容がよいのではないか、と桑岡先生に伝え、桑岡先生がご自分の思いの丈を込めて歌詩にしたためられたようであります。

聞いてすぐに、
仁・義・礼・忠・孝・勇・信、の理念等々が、いざ歌詞になると、得も知れない気恥ずかしさのようなものを感じましたが・・・何度か聞いているうちに、“直球表現”の良い作詞であり、作曲だな、と素直に思いました。
そして、九州本部の歌としては勿論、誠真会館の歌としても公表したい旨を両先生に伝えました。

帰京し、この事はすぐにブログで報告したかったのですが、
総本部の幹部の先生方の意見・感想を聞きたく、今日まで、伸ばして参りました。

この度、幹部の先生方にも賛成をして頂き、加藤先生などはお気に入りで、すでに道場内で流しているようであります。

桑岡先生は、「軍歌です」と笑っておられましたが、
小生は、何度も聞いていると、実に元気が出てくる「応援歌」だな、感じ取っております。
皆さんは、どう感じられますでしょうか?
もし、よろしかったら、作詞も「誠真会館の歌」から入ることが出来ますので、ご視聴下さい!

ちなみに桑岡先生は、
建設開発・不動産の総合企業「信和」を経営されています。
さらに、この度、“揚げ蒲鉾”の「茂木手練り家」を開店されました。
九州本部の懇親会の席上、
W揚げ蒲鉾”をご馳走になり、口へ運んだ瞬間、
「これは栄養が詰まっているな」
と感じたのが第一印象です。

その後、桑岡先生のご配慮で、
我が家にW揚げ蒲鉾”が宅配便で届き、再び、食してみると、今度は、昔懐かしい食感と風味が口の中に広がっていきました。

どうやら、その“昔懐かしさ”は、桑岡先生のご母堂様との思い出からきているようです。
今は亡きご母堂様はいつも、
「栄養のあるものを食べなさい」
と食卓に出してくれたのが“揚げ蒲鉾”だったそうです。

産地の偽装や食の安全が問われている時代にあって、
添加物や防腐剤を一切使わず、長崎近海で獲れた新鮮で安心できる素材を選び、手作りの味にこだわった品々を提供されております。

もし、よろしかったら、「茂木手練り家」で検索すると、店のホームページに入れますので、ご覧下さい。
「誠真会館の歌」は勿論のこと、
「茂木手練り家の味」も同様に、
是非とも、ご堪能いただければ嬉しく思います!

おい、宣伝かよ。ですって? 
はい、宣伝です!
よろしくお願いします!
押忍!


posted by 井上誠吾 at 09:19| 日記