2010年09月26日

いじめられっ子・日本

先ほど、ニュースを見ていたら、
「尖閣諸島沖での中国漁船の衝突事件で逮捕・送検されていた中国人船長が釈放された」
とのこと。

ア然です。
日本政府は何を考えているんだ?

さらに、菅首相が、
「釈放したことについては、検察当局が事件の性質などを総合的に考慮し、国内法に基づいて粛々と判断した結果だ。と述べ、あくまでも地検独自の判断であると強調した」
とのニュースも流れた。

さらに、鳩山のお坊ちゃんが、
「私だったら事件直後に、この問題をどうすべきか中国の温家宝首相と腹を割って話し合えた」
と、もう笑うしかない発言をしていた。


(言葉がない・・・くらい、ガックリです)


日本は・・・、
どうなってしまうんでしょう・・・?


(日本の子供たちの、行く末が・・・案じられる)


戦後、アメリカという親分に、
命令されるままに従ってきたかと思うと、
今度は、中国という力をつけてきたヤンチャに、
ちょっと脅されただけで尻尾を巻いて降参してしまう。

いったい、日本の政治家は、何をやっているんだッ!
中国の漁船から突っ込んできたビデオ映像があるのに、
その映像には、まるで、日本が喧嘩を売られたような証拠が映っているのに、なんで?・・・なんで、釈放するんだッ?

頼むよ、日本政府よ!
アジア地域のリーダー格なんだから、
隣近所の無法国家どもを野放しにするなッ!

北朝鮮という国には、
何の罪もない日本人が拉致されているというのに、
日本政府は、なす術もなく傍観していたと思ったら、
今度は、
北朝鮮の“親戚のような中国”に、
まるで、ヤクザがやるような喧嘩を売られ、脅しに負けて、生き証人を帰してしまうとは・・・!

小生、政治に対して、いろいろと言ってきましたが、こんなに怒りを覚えたことはありません!
これでは、日本は、世界中から「腰抜けの国」と見なされても仕方ないでしょう!

今・・・、
つくづくと、誠真会館の果たすべき役割を感じています。
誠真会館は弱小ですが、その根本は、日本という国の伝承すべき「矜持」に繋がっています。
誠真会館は、右でも左でもありません。
今の日本が忘れ去ろうとしている大切なものを伝え、育み、培っていこうとしているのです!


また手前味噌になりますが、
いじめられっ子は、力をつけて、いじめられないようにするしかないのです!

アメリカにしろ、中国にしろ、
経済力と軍事力を背景にあのような強権を押し進めてくるのです。
あれは、いじめっ子のやり方、そのものです。

ならば、日本も!
原爆を落された日本も!
平和の実現のために、経済力と軍事力、この二つを身に付けるべきです!

軍事力とは、他国への侵略のためではありません!
自分の家に泥棒が入ってきたら、“妻子を守るべく戦う力”のことです。

その“戦う力”を我が家(国)を守るためにしっかりと身につけるべきなのです!

そして、やがて、
日本が経済力も軍事力も持った時、
その時に、
初めて、アメリカや中国に言うのです。
「日本の“武”というのは、戈(ほこ)を止める、ということだ。
経済が豊かで、武力を持った──つまり、強い者は、
争いをしてはいけないッ。卑怯なことをしてはいけないッ。
弱い者に優しくしなくてはいけないんだッ!
それが、サムライなんだッ!」

言ってやってくれッ!

あ〜ぁ・・・やはり・・・、
今の政治家や官僚には、期待はできないのか・・・!
せめて、せめて、誠真会館の子供たちには、
強く、優しく、育ってほしい!

また明日から、頑張るぞ!
押忍!

posted by 井上誠吾 at 00:33| 日記