2007年05月27日

大きく育て!

少年部を中心とした祭りの演武、
見事に大成功しました!

参加した少年部、そして一般部、協力していただいた保護者の皆さん、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました!

演武終了後、祭りの実行委員の方々、商店街の方々、通りすがりの方々、そして、ブログを見て、遠くから足を運んでいただいた方々、様々な方々から、「よかった」とか「子供たち元気いいね」とか「迫力あった」とかいろいろなお褒めの言葉をいただきました。

あらためて、すべての方々に感謝の気持ちを込めて、
本当にありがとうございました!

それにしても、板割りは、全員が成功したので、小生自身、驚きました。
実は、本番前、道場で実験的に板を割らせようとしたのですが、以前、『春のお楽しみ会』で何度も挑戦してやっと割れた(その時の模様は『大成功・春のお楽しみ会』のブログにあり)にもかかわらず、割れませんでした。
試し割り用の板とはいえ、幼稚園や小学低学年には、そう簡単に割れるものではないのです。

しかし、そのあと、最年少の幼稚園の男の子がいとも簡単に割ってしまったものだから、一同、あ然!

さて、いざ本番となり、
誰もが、最年少の幼稚園の男の子が割ったのだから、自分もきっと割れる、と確信したのでしょう、
小生の心配をよそに、全員、見事に割ることに成功しました。
その中の三人は一般用の板(2センチ厚)に挑戦させたのですが、見事に成功!

小生、正直に申しまして、何人か失敗しても良かったと思っております。
失敗こそ、次なる目標への励みになる、と思ったからです。
それと、観衆の皆さんに、すぐに割れる板を用意したんだ、と思われたくなかった、との思いもあります。

ともあれ、少年部全員、よく頑張りました。
日頃から「集中しろ」「やる気を出せ」「できると思え」と言い続けているのですが、それを見事に実践して見せてくれました。

このまま、心も体も大きく育って欲しい。否、きっと、そうなっていくに違いない! そう確信いたしました。

小生、演武を通して、また一つ、子供たちに教えられました。

感謝です、押忍!

posted by 井上誠吾 at 16:16| 日記