2010年10月23日

子供たちのやる気


指導の際、
やる気がなく、気合いが出ていない少年部には、
「何のために空手をやっているんだッ!」
と、叱ることが多々あります。

さらに、
「気合の気は、弱気の気でもある。どうせ稽古をするんなら、強気の気・勇気の気・本気の気、を出してみろよッ!」
と、発破を掛けます。

道場に来て、何の緊張感もなく、集中もせず、
只、だらだらと時間をやり過ごすだけの稽古では、
本人のためには何一つ良いことはありません。
そこで、指導する側も、それこそ本気で子供たちと向き合い、つい思わず激しい口調となり、檄を飛ばすのであります。
「やる気はあんのかッ!」──と。

実は昨日、
低学年クラスの二人の子の“やる気”に目を見張りました。

二人に共通しているのはスパーリングが大嫌いな事です。
スパーリングの時間になると、二人共あからさまに表情がこわばり、涙さえ浮かべてしまうのです。
「気持ちなんだよ、やる気を出してみろッ!」
と、叱咤激励するものの・・・、
いざスパーリングが始まると、すぐに泣き出し、ボコボコにやられながら、後ずさりしていくのが常なのであります。

しかし、昨日は、やる気のスイッチが大きく入りました。
一歩も退かず、自分から突きや蹴りが次々と出し、いつも泣かされている相手を逆に追い込むほど前に出ているのです。
そして、二人共、最後まで一度も泣くことはなかったのです!

正直申しまして、感動しました!
そして、さらに嬉しいことに、
次の時間の高学年クラスでも、子供たちが“やる気”を見せてくれたのです。

実は、数日前の稽古で──、
5・6年生たちが技のキレもなく、なんとなく惰性でやり、“正拳突きの連打”になると、補強に近いほど辛いものだから、まったく気迫がなく、
「そんな稽古をしてんなら、空手なんかやめてしまえッ!」
と、一喝したことがあったのです。

基本・型・移動・スパーリング、
と、空手の稽古はある意味においてルーチンワークですから、
手を抜いてやろうと思えばいくらでも手を抜けます。
高学年ともなれば、小賢しい知恵も付いてきて、気合いを入れるか入れないかの“さじ加減”で、如何ようにも稽古内容の充実度が変わってくるのです。

ところが、昨日の5・6年生たちは違っていました。
「空手なんかやめてしまえッ!」
あの言葉が効いたのか、気合いが入っていました。
補強に近い“正拳突きの連打”など、叱られてなるものかと、
自分の力をすべて吐き出すほどの迫力で、
あたりに物凄い汗を飛び散らしながら突いていました。

昨日、子供たちの“やる気”を二度も見せられ、小生自身が感動を貰いました。
やる気満々でスパーリングに挑んだ低学年の二人!
全力で稽古に打ち込んだ5・6年生たち!

あのような“やる気”を見せてくれると、
心底から、指導者冥利に尽きる、というものです。
彼らの頑張りに、押忍!

posted by 井上誠吾 at 23:37| 日記