2007年06月29日

どう生きる?

人間、本能的に自分が可愛い、のは理解できます。
しかし、それが行き過ぎると、周りの人に迷惑をかけたり、傷つけたりして、やがてそれが、自分に返ってきて、取り返しのつかない“人生の過ち”を犯してしまう。

偽造牛肉で揺れ動く生肉加工会社の社長を見ていて、
そんなふうに思いました。

先日、池袋の日本武道具ショップの角田社長とお会いして、
いろいろな話で盛り上がった際に、
角田社長より、千葉長作著の短冊をいただきました。
千葉長作とは、山岡鉄舟の門下生を経たのち、剣聖千葉周作の武門を継いだ明治時代の武道家です。

以下、その短冊に書いてある武道教範の気になる箇所を抜粋させていただきます。

『口に偽りを云わず身に私を構へず、内すなほに外かざりなく、禮儀正しく作法乱れず、貴きに詔はず卑しきを侮らず、富めるに誇らず貧しきを見捨てず、人を誹らず我を立てず、陰言中謀云ふべからず』

小生なりに現代訳させていただくと、

『嘘や偽りを言わずに、
自分勝手なことをしないで、
外見ではなく、素直なこころで、
礼儀作法を正しく行い、
偉い人に媚びへつらわず、
貧しい人を馬鹿にせず、
金持ちだからといって誇らず、
貧しい人を見捨てず、
人を非難せず、自分ばかりを主張せず、
陰口を言ったり、傷つけたりしてはいけない』

と、解釈いたしました。

まるで、親が子供を育てる“躾”にも似て、素直で簡単で判り易い指標であります。

小生、これが武道精神の源であり、現代に必要とされる武士道精神の真髄と見ました。
何も難しいことではなく、
「人は、こう生きるべきなのだよ」
と、語りかけているのがよく判ります。

生肉加工会社の社長然り、
NOVA、グッドウィル、ブックオフ然り、
社会保険庁はじめ、問題を起している公僕然り、です。

もし、彼らに、
この“躾”が深く理解できていたのなら、
“人生の過ち”を犯す事はなかったのではないでしょうか。

posted by 井上誠吾 at 11:22| 日記