2011年06月29日

年老いた天使たち・支援の輪を広げよう

前回、さらに前々回、からの続きということで、
“前振り文”はなしで、本題へと入らせていただきます。

山田さん(福島原発暴発阻止行動プロジェクト代表)には、
大変失礼なこと、と重々承知の上で言わせて貰います。
これまで、国会の議員会館で行われたプロジェクトの集会に参加してきて感じたことは、
「政治家に頼っている限り、このプロジェクトは実現しない」
ということです。

小生自身、政治家には強い失望感を抱いてしまっているため、集会では政治家に対して異論を吐いてきました。
集会で議論している最中に、
「○○先生がおいでになりましたので、ひと言ご挨拶をお願いします」
と司会役の国会議員のセンセイが、仲間の議員が顔を出すたびに集会を中断するので、小生はあえて苛立ちを隠さず、
「議員の挨拶を優先して欲しくない。本来、政治家が陣頭指揮してやらなければならないことを我々がやろうとしているんだ。顔を出すだけの実のない挨拶をしてすぐに退室するんじゃなく、我々が何を議論しているのか、最後まで聞いたのちに意見を言って貰いたい」
と苦言を呈しました。

しかし、山田さんが、
「国家プロジェクトとして動くためには、我々の熱意を国会議員の方々に理解して貰い、協力を得られることが不可欠です」
と小生をやんわりと窘められ、
続いて、司会役の議員のセンセイが、
「このプロジェクトを仲間の議員たちに伝えるためにも、集会に顔を出してくれた国会議員たちの挨拶を優先させて下さい」
と便乗する始末。

小生、山田さんから窘められた「国会議員の理解と協力が不可欠」であることは、よく理解しております。
少なくとも、震災前の政治家に期待していた頃の小生なら、諸手を挙げて大賛成をしていたことでしょう。
しかし、残念ながら、集会に顔を出してくる国会議員たちが、
「皆さんが何を議論されているのか覗きにきました」とか「国を憂えておられる皆さん方には頭が下がる思いであります」とか、町内会の盆踊りの挨拶となんら変わらない発言しかしないのです。

「コンクリートから人へ」といっていた政治家たちが、
高い数値の放射線を浴びていた20キロ圏内の人々を見殺しにし、被災地で苦しんでいる人々に手を差し伸べず、政権闘争に明け暮れているのです。

いったい何をやっているんだ政治家どもよ!
小学生でも、
「もっとも優先すべきは被災者救済」
だと分かっているぞ!
今更ながら、こんな政治家たちに日本の舵取りを任せている国民はいったいどうすればいいんだ、と嘆かざるを得ません。

というわけで、山田さんには申し訳ありませんが・・・、
今の政治家たちに期待するのは、賢明ではないのです!

残念ながら、このままでは山田さんたちの善意の活動は徒労に終わってしまうでしょう。
しかし、小生は、それで良いとは思っていません。
それでは、どうすれば良いのか?

またナガクなりましたので、
次回の、
「年老いた天使たち・支援の輪を広げよう《続編》」
へと繋げさせて下さい。





posted by 井上誠吾 at 10:20| 日記