2007年07月28日

我が家の王様

二日前、飼い犬が大往生しました。
名前はキッド。
我が家の一員として迎え入れ、子供たちと同じように育てていこうとの思いから、キッドと名付けたのです。

キッドを飼うようになった、そのきっかけは、
ある日、突然、子犬を抱えた老人が訪ねてきて、
「お宅から、元気で明るい子が出てきたので、この子に飼ってもらいたい、と思いまして、お願いにあがりました」
老人の後ろには、当時、小学2年の次男坊が顔を覗かせ、もう飼ってくれるものと思ってニコニコと笑っていました。
老人は窮状を訴えるように、
「このまま飼って下さる方が現われないと、保健所に引き取って貰うしかないんです」
どうやら、数匹生まれた“兄弟犬”はすでに処分しており、この子犬もそうせざる得ない状況にある、との事。

小生、次男坊の笑顔と、人の好さそうな老人の哀願に負け、その場で飼う約束を致しました。
しかし、この“ぬいぐるみのような子犬”が、悪魔のような“グレムリン”に変貌するとは、この時の我が家の面々は知る由もありません。

映画『グレムリン』とは、
ぬいぐるみのように可愛いギズモという動物が、一度、水に濡れると凶悪なグレムリンとなり、増殖を繰り返し、町を破壊していく、というスピルバーグの作品です。

ギズモならぬ、キッドは大きくなるにつれ、
マットを噛み切り、カーテンを引き裂き、ソファを噛み砕く、
という凶暴さを露わにして、もうやりたい放題です。
躾はするものの、5分もたてば、やんちゃ坊主に戻り、家の中を嵐のように暴れまくります。

で・・・ついに、“飼い犬に手を噛まれ”てしまいました。

あんなに可愛がっていた次男坊に噛みつき、続いて長男に噛みつき、さらに妻にも噛みつき、我が家はキッド・グレムリンの餌食となっていくのです。
ただ、小生にだけは畏れがあるのか従順でありました。
しかし、ある日、小生の目の前で次男坊に噛みついたのです。
すかさず叱ったところ、小生まで歯向かうのです。
主人と飼い犬の壮絶な闘いが始まりました!

約10分の大決闘の末、引き分け。否、小生の負けでしょう。
何しろ、この決闘で、小生は10針ほど練ったのですから。

以来、室内で飼う事は危険なので、庭で飼うことにしました。
やがて、庭はギッド・グレムリン王のテリトリーとなり、
妻や子供たちが足を踏み込む時は、ジャーキーの貢物でご機嫌を窺いながら、入らなければならなくなったのです。

キッド・グレムリン王は、“下々の者”に体を触られるのを嫌い、“執事”である小生のみが許され、おかげで、小生がお風呂のお世話をずっと担当させて頂くことになりました。
妻や子供たちは、もっぱら、ジャーキーの貢物を運ぶ“しもべ”として仕えて参りました。
キッド・グレムリン王は、栄耀栄華でお暮し遊ばれたのです。

一昨日、お通夜の席に、独立した子供たちが揃いました。
小生は、キッド・グレムリン王の御年は20才だと思っていたのですが、次男が小学2年の時にお迎えしたと申しますので、崩御されたのは、18才6ヶ月くらいかと存じます。

人間にすると、90才はとうに越えていると思います。
幼かった次男坊が、今や社会人となり、“執事”手製の棺で微笑むように眠られているキッド・グレムリン王を見て、
号泣いたしました。
そんな次男坊の姿を見て、小生も目頭が熱くなりました。

クレムリン王・キッドは、
我が家の大切な宝でした。そして、家族の一員でした。

沢山の“痛い”想い出と楽しい想い出をありがとう!

合掌。
posted by 井上誠吾 at 11:38| 日記