2007年08月29日

木鶏の話

小生、二人の愚息たちと、『朝まで生テレビ』も顔負けの論戦を交わす事が多々あります。
先日も、休暇で帰ってきた次男といつもの論戦が始まり、
「木鶏は大事だよね」と反論されました。

次男の言う、木鶏とは、中国古典の話です。

『王が、調教の名人に軍鶏を10日ほど預け、「もう良いか」と聞くと、名人は「空威張りして駄目です」と答え、さらに10日経って聞くと「相手を見ると興奮して駄目です」と答え、さらに10日経って聞くと「相手を見下していて駄目です」と答えた。それから、さらに10日ほど経って聞くと「相手を見ても平静を保ち、まるで木彫りの鶏のようで、徳が充実し、天下無敵です」と答えた』

戦前、69連勝を果たした大横綱・双葉山は、
心の師と仰ぐ安岡正篤(思想家)から、この『木鶏』の話を聞いて感動したそうです。
そこで、連勝を破られた時の心境を「いまだ木鶏たりえず」と電報で送ったのです。
しかし、破れた際の土俵上の双葉山は、平静を保ち、騒然たる館内衆目の中、普段通り土俵に一礼し、いつもと変わらない表情で花道を下がっていったといいます。

素晴らしい!
双葉山こそ、徳が充実した天下無敵の大横綱でしょう。

さて、今日の午後にも、朝青龍が帰国するとのことです。
みんなが巡業している時に腰痛の診断書を出し、母国でサッカーをやっていた横綱・朝青龍。
なんの釈明もなく、このまま帰国して良いのでしょうか。

大横綱・双葉山は草葉の陰で泣いていることでしょう。
朝青龍は、解離性障害と診断されたそうですが、
双葉山にも障害はありました。
少年時代に右目を負傷し、ほぼ失明状態で、さらに事故で右手の小指に後遺症が残っていたのです。
それでも、そのことを人に洩らさず、相撲道を邁進し、孤高の大横綱として、多くの関取たちに模範を示していたのです。

相撲界にいる朝青龍なら、双葉山の話は知っている筈です。
このまま帰国させるのではなく、親方なり、相撲協会なりが、朝青龍という若者のために、愛という慈しみを込め、
道(倫)を説いてやることが大切なのではないでしょうか。

かくいう小生ではありますが、
実は、次男坊が「木鶏は大事だよね」と言った背景には、
クドク、ナガク、シツコイ独断的な小生の話に、業を煮やした次男坊が、子供の頃から聞かされてきた「木鶏の話」を思い出し、皮肉を込めて、父親を諌言した瞬間だったのです。

日頃の反省の意味も込めて、
小生の場合、「生涯、木鶏たりえず」でしょう。
しかし、悟ろう悟ろうとして悟り乞食、になるよりも、
生涯修行の途上の中で、未熟のまま人生の幕を閉じたほうが小生らしい、と思っております。

しっかり修行をさせていただきます。
押忍!
posted by 井上誠吾 at 11:58| 日記