2013年01月24日

また今回も以下のようにナガいタイトルで失礼します! 出来る、と思う力 そして結婚披露宴&ラーメン鈴蘭&宮若市上映会の報告




前回、なんとかブログを載せることが出来ました!
そして、今回もまた、こうしてこの枠に入ることが出来ました。
パスワードとかiDとか、何やらをメモした中から、パズルのように組み合わせて辿り着いたものです。

「ちゃんとメモしておけば良いのに・・・」
と思われている方がおられるでしょうが、

メモ、しているんです。

いろいろとメモをしすぎて、どれが本物?
否、偽物はないのだけど、
どれが、何に、対してのハスワードなのか、
それともiDなのか、
まったくもって、さっぱり分からない。

「出来ないと思ったら体が反応して、出来ることさえも出来なくなる。何でも出来る、と思ってぶつかっていけば大抵のことは出来るッ!」

今、ふと、そんな言葉を思い出しました。
誰がいった言葉かというと・・・、
なんのことはありません。
昨日、少年部の子供たちに向かって、
小生が話した、言い立てほやほやのワンフレーズです。

実に恥ずかしい。
少年部の合宿で、
「忘れ物をするなッ」
といって、自分が忘れ物をする館長なんですから、
偉そうにいえない。

有言実行、です。
生涯学習、です。
そして、反省あるのみ、です。

だんだんと書いていて・・・、
みじめな方向に行きそうです。
ここで、一転、
とびきりの明るい話題を!

道場生のU子さんが結婚されました!

ご親族と親しい仲間内だけの披露宴が開かれ、
笑いが絶えない、ほのぼのとした素晴らしい結婚披露でありました。
愛のキューピット役となったD社のS社長!
会場でも、「D社のS社長」、という表現で名前がよく出ていましたが、
その、D社のS社長とU子さんの友人のA子さん、この二人が裏方となり、あれやこれやと汗をかかれていました。
本当に頭が下がります。

D社のS社長とU子さんの大健闘、
そして、仲間の方々の手作り感満載の余興、
とても楽しい宴でした!

当日、披露宴のあとに、別の予定を入れていたのですが、
急遽、予定変更して、誘われるままに二次会、三次会、と楽しい時間を過ごしました。
人の好さそうなご主人で、二人で幸せな家庭を築いていかれることでしょう。
おめでとうございます!

次は、新宿にあるラーメン鈴蘭!
本部道場指導員・広田圭祐君が店長を務めております。
場所は”新宿五丁目東“の交差点の角です。
先日、新宿でいくつか打ち合わせがあり、その合間に立ち寄ったところ、昼食時間が終わった2時過ぎだというのに客足がたえず、次々と入ってきていました。
煮干したっぷりの魚介スープは栄養があり、且つヘルシーで、女性には「いくら食べても太らない」と喜ばれるのではないでしょうか。
清瀬道場のU原氏だと推測しますが、よく来て頂いているようですね。東伏見道場の方々にも声をかけて貰い、大人数で来店されたとのこと、
ありがとうございます!
皆さん、新宿方面に行かれることがありましたら、立ち寄ってみて下さい。
「誠真会館の関係者です」
と言えば、何かサービスしてくれますよ。

最後に「リトルウィング〜3月の子供たち〜」の上映会!
小生の故郷・福岡県の宮若市文化センターにて、
4月7日のチャリティー上映へ向けて動いております。

宮若市の後援を得られ、
そして、宮若市教育委員会や社会福祉協議会の後援と続いて、さらに今回、
宮若商工会議所と宮田企業交流会、
ふたつの団体の後援も得ることが出来ました!

小生の兄・禮一郎によると、
皆さん、時々、このブログを見ていただいている旨、聞き及んでおります。
宮若市の皆さん、
後援はもちろんのこと、
上映へ向けての様々なボランティア活動、
本当にありがとうございます!

東京の地で故郷の皆さんの心意気、
その”情“を感じております。
心から感謝です!

現在、兄・禮一郎が窓口となり奮闘してくれております。
しかし、まだまだ前途多難です。
どうか、皆さんの更なるお力をお貸し下さい。
今回の映画上映を、
皆さんのお力で”宮若市の祭り“として、
盛り上げて頂ければ、この上なく嬉しく存じます。

九州へ帰り、皆さんとお会いするのが楽しみです。
心ゆくまで語り合いたいと思っております。
どうか、よろしくお願い申し上げます!




今回もナガくなりました。
最後まで読んでいただき、感謝であります。

さて、前回、予告しました「体罰について」
は、申し訳ありません。
次回とさせて下さい。

お詫びと感謝を込めて、
押忍!


posted by 井上誠吾 at 12:24| 日記