2013年02月15日

オリンピックに希望を!



深夜のニュース番組を見ていると、
「レスリングはまだ希望が残っている」
とIOCの会長が会見していました。

一昨日の@3日に、
「レスリングは除外する」
と報道されていたのが、一転して、どういうことだ?
と憤りを感じました。
以下、ひとり言です。




「レスリングは除外する」
との報道に憤りが込み上げたばかりなのに、
舌の根が乾かないうちに、撤回したというのか?
IOCの理事さんたちよ、
オリンピックを目指す選手たちを翻弄するなッ!

レスリングは長年、オリンピックの種目として定着してきた競技なのに、なんで除外するのか、理解できなかったが・・・さきほどのニュースでますます理解できなくなった。

どうも、きな臭いものを感じる。
競技人口が少ない、人気がない、テレビ放映で視聴者にルールが伝わらないとか、いろいろと指摘はされていたようだが・・・何らかの利権が絡んでいるのではないか、と疑心暗鬼になる。

どうやら、テコンドーは、韓国大統領の直談判で残留が決まったらしい。
そこにも、きな臭いものを感じるが・・・。

果たして、オリンピックは、それでいいのか!

ロサンゼルスオリンピック辺りから、商業化が進んでいるのは分かっているので、なにもアマチュア精神を優先しろとは今更言うつもりはないし、利益を上げるのは”悪Wとも言わないが、余りにもあざといし、えげつないだろう!

どうやら「レスリングはまだ希望がある」と言ったのは、
野球、ソフトボール、空手、ローラースケート、等々の8つの候補の中の一つとして、残っているだけのようである。
これまた、ほとほと翻弄させてくれる。

その中から2つとか3つとか複数ならまだしも、一つだけかい?
もし空手だけ、が選ばれたとしたら、喜ぶに喜べない!
他の競技団体も同じではないだろうか。
レススリングが外され、その代わりとして自分たちの競技だけが選ばれた、というやり方に心底から喜べるであろうか?

これと同じようなことが女子柔道の「オリンピック出場選手発表」の記者会見の会場で行われていなかっただろうか?
あの時、柔道連盟の理事や監督たちは、女子候補者たちを会場に呼んでおいて、出場決定者だけを記者たちに紹介する、というやり方に出て、選手たちの反発を買ったのではないだろうか?

IOCの理事たちよ、
そんな見世物的なショウビジネスに走るようなことはやめたほうがよい!
公平で、公正で、正義を保って、
すべての競技の選手たちに向き合うべきである!

ちなみにだが・・・、
8候補の競技の中から選ばれるとしたら、
レスリングであるべきだ!
オリンピックの歴史の中でレスリングは貢献してきたんだから、選ばれて当然である!
そもそも他の7候補の新参競技の中に、古株のレスリングを入れてしまう神経が理解できない。

今回の「レスリング除外騒動」が起こらなければ、
当然のこと、空手が選ばれて然るべき、と自負しているが・・・、
如何せん、IOCの不公平で不誠実なやり方を見ていると判官贔屓をせざるを得ない。
空手は武道だ。
己れの利を追い求めるのではなく、
「謙譲の美徳」
という精神がある。
おそらく、各空手団体の指導者たちも「レスリングを優先すべき」との思いではなかろうか。

願わくば、IOCさん。
レスリングは今までと同じように参加の継続!
そして、残る7候補の中から、一つを選んでほしい。

願いを込めて、押忍!





posted by 井上誠吾 at 01:48| 日記