2013年07月30日

少年部合宿




7月28日・29日と、
尾瀬片品へ少年部の合宿に行ってきました。

毎年、合宿となると、天候が悪くなり、
屋外で行う花火大会等に影響が出ていたのですが、
今回は、各道場の責任者たちが屋内で行う゛体と頭を使った屋内ゲームを考案してくれました。

その名も「館長を探せッ!」です。
小生自身、久々のかくれんぼで童心に返りました!
「館長がいなくなったでしょ」
「あっ、そういえばいない」
子供たちが騒ぎ出すところから始まる゛かくれんぼごっこ
であります。

隠れ場所でこっそりと待つ小生。
外で何をやっているのか分からないが、楽しそうな子供たちの声だけが聞こえるので、こっちまでウキウキしてくる。
そういえば・・・、
このように隠れるのは、我が子が子供の頃以来だから、ほぼ30年ぶりのかくれんぼ!
少年部はもちろん、各道場の先生たち、そして小生自身
大いに楽しみ、盛り上がりました!

このゲームを中心となって考案・準備をしてくれたのは、
秋津道場の木下先生!
来年もまた、少年部の子供たちが喜びそうな企画を考案してくれそうです!

ゲームはもちろん、
各班による「一発芸」や「なぞなぞ」や「ロボット空手」や「時代劇寸劇」等々を舞台に上がって披露する時間も設けました。
これは出来・不出来は別として、
上級生から下級生まで、各班が知恵を絞って、何かを共同作業で作り出す、という意味において大切なものかと思います。

さらに、
各班対抗トーナメントのドッジボール大会も行いました。
東京に戻り、バスを降り、
「何が楽しかった?」
と一人の少年部に聞くと、
「ドッジボール」
との返答。
「ドッジボールかよ」
思わず聞き返しましたが、
その子は、一回戦で敗退したにも関わらず、ドッジボールを一番に上げたのでした。
これはこれで来年に向けて、
ドッジボール大会も大いに盛り上がるように企画を練っていきたいと思っています。

ここまで書くと、
空手の稽古はしなかったのか?
と思われそうですが、
空手の合宿なのですから、当然、空手の稽古は行います。
初日の午後と翌日の朝稽古!
各年齢に分けて、今までやったことのない、難しい移動や型にも挑戦させました。
幼年〜一年、を担当した小生は、
黄帯やオレンジ帯の子が、平安Tを覚えてくれたのは嬉しかったし、合宿ならではの集中力かな、と感心しました。
しかし、
明日あたり、道場でやらせたら、忘れているかも・・・、
です。
それはそれで、経験の積み重ね、であります。

さて、今回の合宿は、
これまでとは少々違う形で行いました。
各責任者の先生たちの企画・考案の賜物です!
来年もまた子供たちの体力も頭脳も、
特訓クラスの稽古並み、に活性化するような仕組みへと移行したいと思っております。

加藤邦顕関東本部長はじめ、各先生方、
本当にお疲れ様でした!
そして、ありがとうございました!
来年もまた子供たちが喜んでくれ、頑張ってくれ、知恵を絞り出してくれ、「楽しかった!」といってくれるような合宿にしましょう!

合宿に参加した少年部、
そして、各先生方に、
お疲れ様の押忍!






posted by 井上誠吾 at 08:41| 日記