2013年08月17日

感謝!




昨日で、映画公開が終了しました!

この猛暑の中、映画館まで、足を運んでいただいた方々、
感謝申し上げます!
ありがとうございました!

この映画に協力・協賛していただいたすべての方々、
ありがとうございました!

様々な形で協力していただいた誠真会館の指導員や道場生や保護者の方々、
ありがとうございました!

主演の菜 葉 菜さん&河合龍之介さん、そして、菅田俊さん、結城貴史さん、北林早苗さん、出演者すべての方々、
ありがとうございました!

福島から足を運んでいただいた門馬道場の門馬智幸師範、出演していただいた円谷隆政君、少年部や保護者の方々、
ありがとうございました!

何度も足を運んで観ていただいた志優会代表の新津茂男先生、協力支援も含め、映画も観ていただいた少年部や保護者の方々、
ありがとうございました!

最終日、お忙しい中、観に来ていただいた協賛のお三方、
西荻窪商店連合会の猪鼻会長、東京中央南ライオンズクラブの山口会長、丸美屋食品の小林取締役本部長、
ありがとうございました!
中でも、猪鼻会長は癌の手術で退院されたばかりだというのに観に来ていただき、返す言葉を失いました。
感謝と共に、お体をご自愛くださいますようお願い申し上げます!

そして、最終日を飾っていただいた寺島進さん!
関根大学さんと神名悠翔君!
トークショーや演武で盛り上げていただきました。
ありがとうございました!



東日本大震災が発生した時、
誠真会館としてボランティア活動しましょうとか、
誠真会館として義援金を募りましょうとか、
そのような声が上がりましたが、
空手団体・誠真会館として、
被災した人々が喜ぶボランティア活動が分からずに却下。
義援金も預かるわけにはいかないと却下。
ボランティア活動も義援金も個人でやって下さい、
と却下してきた。

却下する限りは、自分が有言実行すべき!
福島県いわき市へボランティア活動に参加した。
地獄図のような被災地を目の当たりにし、
大自然の圧倒的な破壊力の前に己れの無力さを実感し、
ただ、ただ、打ちひしがれた。

以来、自分に何ができるのか・・・!?
迷い、葛藤し、
紆余曲折を何度も繰り返し、
やっと辿り着き、完成に至ったのが、
「リトルウイング 3月の子供たち 」

途中、いく度となく、
製作を断念せざるを得ない状況まで追い詰められつつ、
そのたびに蘇るように生命力を発揮した映画。

よくぞ、完成してくれた、と思う。
それは、
この映画が社会的な意義を宿しているからではないか。

復興支援の映画、
空手普及の映画、
日本人が忘れつつある、強さ、優しさ、潔さ、それらを全編に散りばめた物語。
多くの人たちが泣いてくれた。
多くの人たちが感動してくれた。
この映画を被災した人々、仮設住宅で不自由な生活を強いられている人々に無料で公開していきたい!



人は、一人では何もできません。
皆さんの、ご支援・ご協力があったからこその渋谷でのロードショー公開でした!
おかげさまで、
以下の劇場にて、一般公開が決定しました!

読売ランド前 シネマバー ザ・グリソムギャングにて。
9月28日 に公開!

大阪第7芸術劇場・シアターセブンにて。
10月12日(土) 〜 10月25日(金) まで公開!

上記の劇場に近い方、
もしくは劇場近隣に声をかけても構わないような友人・知人・親戚の方がおられましたら、映画をご紹介下さい。



無事に、渋谷での21日間の公開が終了しました!
この映画に関係されたすべての皆さんに、
あらためて感謝いたします。
押忍!



posted by 井上誠吾 at 10:18| 日記