2013年10月16日

大阪で公開、いろいろな人に感謝!





12日・13日と大阪第七芸術劇場シアターセブンにて、
「リトルウイング 3月の子供たち 」
の舞台挨拶に行って来ました。

大阪ではいろいろな方にお世話になりました!
福岡から兄も駆けつけて来てくれたり、
兄の取引先の会社関係の方々も観に来ていただいたり、
思わぬ知人も観に来ていただいたり、
等々、映画館に足を運んでいただいた方々には、心から感謝申し上げます。

中年女性のお客さんが上映後のホールで涙ぐんでおられ、
「いい映画でした。口コミで広げます」
と言っていただき、こちらも熱いものが込み上げてきました。
また、観ていただいたОLの方々からは、
「空手を習ってみたくなりました」
との嬉しい感想も頂戴いたしました。
そして、さらに一昨日・14日に観ていただいた女性からは、
「家族で観にいき、笑いあり、涙ありで、楽しく観ました。フルコン空手をやっている小5の息子に強さと優しさというものが伝わったかな、と思っています」
との旨をフェイスブックに投稿して頂きました。

皆さん、ありがとうございました!
このような声こそが一番嬉しく、励みになります!

福島県矢吹町でも然りでした。
東京都杉並区でも然りでした。
福岡県宮若市でも然りでした。
東京都渋谷区でも然りでした。
神奈川県川崎市でも然りでした。
そして、今回の大阪市十三でも然りで、毎回同じような感動の声が届いております。

そのような声を聞くたびに、
「この映画を作って本当に良かった」
と思えるのです。
同時に、もっともっと多くの人々に観て貰いたいと!

第七芸術劇場の松田昭男代表取締役社長が、
舞台挨拶を終えた小生の楽屋へ、ご丁寧にもわざわざ訪ねて来られ、いろいろとお話をされていかれました。

第七芸術劇場は、
大手配給会社に縛られない独立系の映画館であります。
シネコンの台頭とフィルムからデジタル移行による設備投資増が強いられる中、社長やスタッフの皆さんは、
「大阪・十三の街の映画館の灯を守ろう」
と地域密着型の映画館として奮闘されておられます。

あり難いことに、松田社長から、
「震災復興支援と空手普及に繋がるよう、お客さんに来ていただけるように努力します」
との言葉を頂戴いたしました。
感謝であります!

この映画は、10月25日まで、大阪第七芸術劇場シアターセブンにて上映をしております。
また今現在、坂谷彦山九州本部長が奮闘中でありまして、
来年の2月8日、長崎市・長崎ブリックホール国際会議場にて、午前11時・午後2時、の二回上映へ向けて動いて貰っております。

震災復興支援の映画です。
空手普及の映画です。
皆さん、近くで上映の際は是非ともご覧下さい!

先ずは、第七芸術劇場シアターセブンでの公開。
大阪の皆さん方に、感謝の押忍!




posted by 井上誠吾 at 09:40| 日記