2014年02月05日

長崎市で映画上映!



誠真会館九州本部が上映委員会となり、
映画「リトルウイング 3月の子供たち」を
長崎国際会議場ブリックホールにて、
今週末の2月8日(土)、
1回目 11:00〜 
2回目 14:00〜 
と上映いたします。

坂谷彦山九州本部長を中心にして、
桑岡隆太先生や坂谷久之先生方によって上映へ向けて精力的に活動が行われております。

この映画は、
東日本大震災の復興支援と空手普及を目的に製作したものです。

大震災が発生した時、
誠真会館でもボランティア活動や義援金活動を募りましょう、との声が上がりました。
しかし、
誠真会館の館長として、それを却下しました。

理由は、あの広大な被災地のどこに行って、何ができるというのか?
哀しいかな、空手団体としてW被災した人々に喜んでもらえるようなボランティア活動Wは何一つ思い浮かびませんでした。
そして、義援金ですが・・・、
空手団体として預かりたくはなかったので、個人で然るべき公的機関に送金してほしい、との旨を伝えました。
空手団体としては、ボランティア活動も義援金も行わず、それらは個人でやってほしい、と却下したのです。

小生自身、個人で福島県いわき市のボランティア活動に参加をしましたが・・・、
大震災の圧倒的な破壊力を前にして、個人の無力さを痛いほど思い知らされ、言葉を失ってしまいました。

以来・・・、
自分に何ができるのか?
あれこれと模索しながら、やっと辿り着いたのが・・・、
この映画でした。

大震災復興支援の映画です。
そして、空手普及の映画です。
多くの俳優やスタッフが、この企画に共鳴し、ボランティアで参加してくれたことから、映画は完成しました。
俳優の寺島進氏が、
「大震災後に、歌手がマイク一本で被災した人々を励ましているというのに、俳優の自分は何もできなかった。この映画に参加することで、少しでも被災した人々を励ますことができたら嬉しいです」
と俳優やスタッフの気持ちを代弁していました。

同様の思いで、坂谷彦山先生・桑岡隆太先生・坂谷久之先生方が上映へ向けて動いておられます。

九州方面の皆さん、
チケットはまだまた沢山あります。

小生も舞台挨拶をさせて頂きます。
そして、誠真会館九州本部の少年部の演武も披露すべく準備をしているようです。
九州方面の皆さん、この週末は、
是非とも、国際会議場ブリックホールにお越し頂き、
映画「リトルウイング 3月の子供たち」を
ご覧下さいませ!



posted by 井上誠吾 at 09:53| 日記