2008年01月01日

この一歩

新年あけましておめでとうございます。

「一年の計は元旦にあり」
365日、最初の一歩の日。
その日に思う・・・。



今年こそは、
「こうするぞ」
との気概で歩き始める。
その強い思いとはうらはらに、
障害が立ちはだかり、
思うようにいかないことばかり・・・。
それでも、
「何をやってるんだ」
と、自分を叱咤して、
「まだ、やれる」
と、自分を激励して、
一歩、一歩、
歯を食いしばり、
前へ、前へと、踏み出していく。

毎年、毎年、そんな繰り返し・・・、
そして、56年目の元旦。

この世に、誕生して、2万日が過ぎた。
たかが、2万日。
されど、2万日。
2万日も生きてきたのに、
まだ成長し切れず、ギラギラしている。

さんざん親不孝を繰り返し、
さんざん人とぶつかりあい、
人を傷つけ、生き恥をさらしてきた。
それでも、親となり、子供たちを育て、
やっと、心底から、
生んでくれた両親に、
そして、周囲の人々に、
感謝する気持ちが持てるようになった。

この気持ちだけは忘れず、
胸の奥底の岩盤に刻み付けたい。

新しい時を迎え、今、思う。
たかが、あと何百日か、何千日かの人生。
されど、あと何百日か、何千日かの人生。
過去に捉われず、
自分に潔く、
老いても、尚、
さらなる可能性に向け、
新しい一歩を踏み出す気骨を持とう、と。

その一歩、一歩は、
悠久の時の流れが、
一年、一年、確かな歩を進めてきたように、
美しく、強く、
そして、
人に、やさしい、ものでありたい。


押忍!

posted by 井上誠吾 at 11:08| 日記