2014年04月25日

新たな世界への旅立ち



このところ、訃報が続いている。

先週頭にはAプロデューサーのご尊父。
そして、先週末には知人のTさん。
お二人が他界された。

今回もまた故人を偲び、
「新たな世界への旅立ち」
というタイトルで、悼詞ブログを贈りたい。




最初に、Aプロデューサーのご尊父。
奇しくも、小生の母と同じ日にご逝去された。

互いに電話にて「親の死」を報告しあい、それぞれの実家へと帰郷した。

あの日から、10日が過ぎた。
親の死は覚悟していたものの・・・、
いざ、その時を迎えると、
何ともいえない寂寥感に襲われてしまう。

Aプロデューサーも同じ思いであろう。
やがて、
落ち着いたらではあるが・・・、
親を亡くした者同士、
「献杯」
を交わしつつ、
W新たな世界への旅立ちWを見送りたい、と思っている。


続いて、小生と同年代のTさんが他界。
突然、その報せを受けて驚いた。
実は・・・、
6年前に大腸ガンを患い、あちこちに転移していたにもかかわらず、誰にも言わず、隠し続けて来られていた。

例え、体調が悪い時でも、
「元気にしていないと周辺の人々に心配をかけてしまう」
と明るく働いておられた。
そして、
「あの世には金は持っていけない」
と口癖のように言い、金の使い方も美しかった。
もしかして、すでに・・・、
死を覚悟されての言動だったのかも知れない。

昨年の真夏日、体調の悪い中、
映画「リトルウイング 3月の子供たち 」を観にきてくれ、深く感動されていた。
映画関係者でも、空手関係者でもないのに、あちこちに宣伝して頂き、10数枚ものチケットを売って頂いた。

自分の事より、人の事を考える人であった。
人を褒め、称え、そして、人のために奔走する人であった。
天国では・・・、
人の事はもちろん、
少しは、自分の事も褒め、称えてほしい。
合掌!




最近、
他界する人々が続き・・・、
いろいろと自分自身に問いかけている。

誰人たりとも、
地位も、名誉も、財産も、
そして権力も、
あの世には持ってはいけない。

宗教も思想も関係なく、
Wどう生きたかWのW魂Wだけは持っていける!

「我、神仏を尊びて、神仏を頼らず」
どう生きるか、
そのW生きざまWにある。

楽しむことより、
苦しいことのほうが多い人生かもしれない。
しかし、
甘ったれるな!
甘ったれた瞬間から、自分を見失う。

現実から目をそむけず、
恥や、失敗や、中傷を恐れず、
ここ一番の力を発揮して、闘う!
されど、
「我れ以外 みな我が師」
けっして、慢心せず、
自分の弱さ、自分の愚かさを知り、
ありのままの自分で、精一杯に生き抜く!

そして、
W強く、優しく、潔くW
を身につける。

今年で62才。
親父が死んだ年である。
こうして、生かされていることに感謝して、
残る人生、
人に、社会に、
有益な生き方をしよう。
自分のことを勘定に入れず、人のために尽くそう!

つくづく思うようになった。
空手道とは、
人の道であることを!

死は、終結ではなく、
新たな世界への旅立ちである。

ご冥福の祈りを込めて、
小生の周辺で他界された人々のW魂Wに、
お見送りの、押忍!




posted by 井上誠吾 at 11:41| 日記