2014年05月31日

小さな目標から始動!



今回は「空手の稽古がつらい」という人にはしっかりと最後ま
で読んでほしいと思います。

以下、ひとり言、です。



人間というもの、
目標がなくなると、途端に失速して、
みなぎっていた情熱さえも失ってしまう。

どんなに小さな目標でも、
そこへ向かって懸命に突き進んでいる時が、最も成長しているんだろうなぁ。
何人かの道場生を見ていると、そんなふうに思えてくる。

飛翔試合が終わり、
「試合に挑む」
という小さな目標がなくなり、
挨拶の声さえ、小さくなってしまった少年部の子がいる。
「それでいいのかッ」
先日、何人かの子を厳しく叱りつけた。

その際、愛知県の学習塾・後成塾の話をした。
以下である。

「後成塾の塾長は、この道場で君たちを見て────、
大きな声で挨拶ができて、やる気があって、集中力を発揮している、と感動された。
そこで、後成塾でも、姿勢を正して「お願いします!」「ありがとうございました!」と挨拶をするようにした。
すると、驚くことに、眠くなる子が消え、仮に眠くなっても、眠気を覚ますための行動を起こすことができ、明らかに一段レベルが上がった。
大きな声で挨拶ができる子は、勉強に対する集中力が違う。
そのような報告を受けた。
塾長は、誠真会館の君たちの姿を見て、感動されたんだぞ。
そして、君たちがやっている姿勢を正した挨拶を、後成塾の子供たちにも同じようにやらせて、勉強のレベルを上げることができたんだぞ。
それなのに、君たちの元気のない挨拶の声はなんだッ!」

と、久々に大声で叱りつけた。


すべての子ではない。
数人の子が、ダラダラと元気がないだけである。
しかし、
この数人の子のやる気のなさは、ほかの子へと伝染する。
元気に頑張っている子たちの空気を乱し、
影響を受けやすい子などは同じ色に染められてしまうだろう。

目標のある子は、目の輝きが違う!
すでに、次なる試合を目標にして稽古に励んでいる。
そのような子たちは、押しなべて、元気よく大きな声で挨拶をしている!
そして、集中力があり、強い!

しかし、
最初から強い子なんか誰もいない。
試合で泣いた子もいる。
スパーリングで泣いた子もいる。
審査が受けられずに泣いた子もいる。
型が覚えられずに泣いた子もいる。
それぞれが、
それぞれの悔し涙を流して、
集中力を身につけ、強くなっていったのだ。

ゆえに、
小さくてもいい、
目標が必要なのである!
その小さな目標が、
やがて、大きな目標へと繋がっていき、
ついには、
強く・優しく・潔い人間、
その大目的へと到達されていく!



今日は文武両道クラスがあります。
加藤邦顕関東本部長、
川名修朝霞支部長、
松嶋朝則小手指支部長、
三名が文武両道クラスを見学し、研修をします。
そこで、文武両道の大切さに加えて、目標の大切さも述べたいと思っています。
押忍!



posted by 井上誠吾 at 11:30| 日記